スマホアプリで格安英語学習!

スマホアプリで格安英語学習!

スマホアプリとオンライン英会話で、格安に、激安に超効率的な英会話学習を進めましょう! オンライン英会話や、スマホアプリの英語学習では教材が無料のところも!DMM英会話、レアジョブ、QQ English、EF English Live!やBizmates、ラングリッチなども無料体験!

スマホアプリとオンライン英会話が1,500時間の習熟を実現する!

f:id:eigoonline:20160703113414j:plain

一般的に、英語の取得まで、3,000時間の習熟時間が必要といわれています。

3,000時間というと、結構、時間がかかります。

一日1時間の勉強で8年。

一日2時間の勉強で4年。

一日4時間の勉強で2年かかる計算です。

では、この時間を加速させる方法はないでしょうか?


実は、もう半分勉強していた英語総学習時間

中学、高校を卒業するまでに自己学習を含めると、1,500時間ほどの英語学習を実は既に終えているという事は、英語学習者には朗報ではないでしょうか?

中学高校であんなに英語をやったのに、ちっとも英語が話せないという意見は、そもそも、時間が足りていなかったのでした。

では、どのように残りの1,500時間の習熟をしていけばよいのでしょうか?

3,000時間でなく、1,500時間なら、

一日1時間の勉強で4年。

一日2時間の勉強で2年。

一日4時間の勉強で1年になる計算です。

なんか、実現度がぐっと身近に迫ってきた感じがしませんか?

 

学習内容は、SpeakingとListeningを軸に

中学、高校での英語の授業は、主に読解、文法が中心でした。 

ですので、短い文章を作る練習は出来ているはずなのですが、残念ながら、瞬間的に文章を作るという訓練は、日本の教育では全く行われていないというのが現状です。

この瞬間的に文章を作るためには、頭で考えていてはだめで、瞬時に対応する回路を頭の中に作り上げないといけません。

これは、武道の「型」のような感じです。

あるいは、スポーツ選手の「フォーム」や、音楽演奏者の基本的な「演奏法」に置き換えても良いでしょう。

武道のような、ある刺激に対して、複数の行動を即座にしなければならないようなことは、頭で考えていると出来ません。

身体が自動的に動くような反復練習を行い、脳内にオートパイロットの回路を作り上げなくてはならないのです。

我々は中学や高校で単語の丸暗記はさせられましたが、構文丸ごとの暗記はあまりしませんでした。

しかし、この構文丸ごとが、重要なのです。

頻出フレーズを丸ごと記憶することで、即座に対応する基礎が出来ます。

後は、その応用を徹底的に反復するのです。

その体系に最も近いのは、ダイレクトメソッド系と呼ばれるDMEやカランメソッドという教授法ですが、普通のオンライン英会話スクールでも十分に活かすことが出来ると思います。

ただし、予習と復習が必要ですが。


学習時間の確保をどうするか。

型の応用は、オンライン英会話で行えばよいと思いますが、1日25分では短すぎます。

では、時間を多くすれば良いかというと、それも難しいのが現状ではないでしょうか。

ならば、予習と復習に時間をかけましょう。

しかし、そんな時間が取れるなら、オンライン英会話の授業コマ数を増やせば良いだけです。

ではどうするか。

スマホアプリを使いましょう!

スマホアプリを私が勧めるのは以下の理由があります。

1)いつでもどこでも学習が始められ、終えることが出来る。

2)安価、または無料である。

3)学習時間の単位が5~10分単位


多くの人は一日中スマホを持ち歩いていますから、気づいた時に勉強する癖をつけると1日の学習量を確保することが可能となります。

また、値段も安い物が多く、無料で提供されているものもたくさんあります。

そして、学習時間の単位が、5~10分に設定されているので、細かく学習を進められます。

 

まとめ

とにかく、英語の習得は時間です。

どのようにやるか? で悩むなら、まず、1時間勉強してしまった方が結局ゴールに到達する可能性が高まります。

これはおそらく英語だけではなく、すべての成功法則に関係していると思うのですが、まず、実行することが重要です。

どのスクールが良いのか、どの教授法が優れているかを悩むより、

どのスクールが好きか、どの教授法による学習がより楽しいかで悩みましょう。

とにかく、鍵は総習熟時間が握っています。

それを達成するのに必要なのは、方法より、継続する意思です。

ですので、「楽しさ」を基準に考えると良いと思います!!