スマホアプリで格安英語学習!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホアプリで格安英語学習!

スマホアプリとオンライン英会話で、格安に、激安に超効率的な英会話学習を進めましょう! オンライン英会話や、スマホアプリの英語学習では教材が無料のところも!DMM英会話、レアジョブ、QQ English、EF English Live!やBizmates、ラングリッチなども無料体験!

アプリ「ALL IN ONE」で英単語、リスニング、瞬間英作文を特訓

f:id:eigoonline:20161217082854j:plain

さて、前回、『Re-Start』という書籍「ALL IN ONE Re-Start」のアプリ化したものがかなり使える!というご報告をしました。

eigoonline.hateblo.jp

今回は、その上位バージョンであるアプリ『ALL IN ONE』のご紹介です。 『ALL IN ONE』も『Re-Start』と同じように、iOS用のアプリしか出ていません。Andoroidをお持ちの方は、残念ながら、書籍で演習をするしかありません。また、有料で360円が最低必要で、その他の機能を入れるなら、追加の料金がかかります。(一回きりの課金)


『ALL IN ONE』と『Re-Start』の違いは?

『Re-Start』が約900も例文もありましたが、こちらは419文例と少な目? 

いえいえ、ご心配なく。

 

文章の長さが違います、長さが!

 

『Re-Start』が比較的シンプルな文章やフレーズ単位の学習であったのに対して、『ALL IN ONE』では、ちょっと長めの文章、あるいは、2~3個の文章からなる段落単位の学習となります。 

 

『Re-Start』  ⇒ 10~15ワードからなる文例

『ALL IN ONE』⇒ 20~30ワードぐらいの文例

 

『Re-Start』がシンプルな構文を瞬間的に作り上げる演習とすると、『ALL IN ONE』はもうちょっと長い文章をちょっとずつ、分けながら演習する感じです。具体的には、下の画像を見てください。

f:id:eigoonline:20161217083151j:plain

 

『ALL IN ONE』の学習

さて、さて、実際に『ALL IN ONE』で学習を行ってみましょう。

まず、App Storeでアプリをダウンロードします。

 

 

 アプリを立ち上げると、『ALL IN ONE』も『Re-Start』と同じようなユーザーインターフェースとなっています。

もう、本当に武骨というか、無用なものはすべて排除。実に漢らしい。w

では、最初の問題を見てみましょう。

最初の問題は以下の様になっています。 日本語の設問があり、英単語がバラバラに散らばっています。 それを正しい順番でタッチしていきます。文章は結構、長いのですが、表示は少しずつ表示されます。

 

f:id:eigoonline:20161217083519j:plain

彼はにっこり笑った/そして言った
He grinned and said

 

f:id:eigoonline:20161217083534j:plain

「私は稼いでいる・たくさんのお金を。
I make lots of money

 

f:id:eigoonline:20161217083554j:plain

平日に
on weekdays

 

f:id:eigoonline:20161217083644j:plain

私は受け取っている・平均で50の注文を
I receive an average of 50 orders

 

f:id:eigoonline:20161217083659j:plain

一日当たり
a day

 

f:id:eigoonline:20161217083719j:plain

地球の至る所から

from all over the globe

 

f:id:eigoonline:20161217083809j:plain

インターネット経由で
via the Internet.

 

この様にやっていきます。『Re-Start』と違い、画面を切り替えながら長い文章を作っていきます。 この区切り方は、主語と動詞が含まれた主文、前置詞で作られた「プロポジションフレーズ」、時制を表している部分などで区切られています。

この表示のしかたは、実際に英語文を組み立てる時、どうやってシンプルな文章を修飾してより複雑で的確なものに構成するか、練習になると思います。

英会話を始めたばかりの時は簡単なSVとか、SVOのシンプルな文章しか作れないでしょうが、やってるうちにコツがつかめて、前置詞(プロポジションフレーズ)を使った修飾が段々と出来るようになっていきます。

その練習に、とても良くデザインされていると思います!!

他にも、本当は例文確認モードや聞き流し、単語リスト、文法解説などが有料で用意されています。

実際の学習風景を動画で見ることが出来ます。

 


文章作成の時間が計れる『ALL IN ONE』

e-ラーニングには、反応時間を測って、習熟度を測る手法がありまして、この『ALL IN ONE』も、反応時間を見ることが出来ます。(上の動画の2:30ごろから)

この反応時間が短ければ短いほど習熟しているということが分かりますので、効率よく学習が出来るという事ですね。

ただ、このシステムを見ると、瞬間英作文の能力がある程度のレベルまで育っていない方は、やはりRe-Startからやるべきだと思いました。数稽古は絶対に必要で、初期の内は反応時間より、何回問題に取り組んだかを目標とした方が良いと思えるからです。

しかし、Re-Startのすべての文例を10回以上ずつやった方は、このALL IN ONEに移り、どんどん、文章の組み立てをしていくべきです。また、同時に、わからない単語が出てくるなら、単語の練習もしてしまうのが良いでしょう。

 

「Re-Start」に関しての記事を書いてから、思い出したようにスマホで「Re-Start」をやっているのですが、この演習は続けることが出来る!と感じています。シャドーイングの練習も同時に出来るので、便利です。

演習だけなら360円で使えるので、是非、試してみてください。